• みこべ

先回りしない・後始末しない

 長い梅雨がようやく明けた途端、モーレツな暑さがやってきました。もう水遊びしかありませんね。朝7:20くらいになると、デッキにちびプールを置いて水滴が落ちる程度の大粒ミスト(?)で涼みます。大人も肩が濡れるだけでも気持ちがいいので、一緒に濡れて暑さをしのいでいます。8:00過ぎになると、学童も一緒に大きいプールのお掃除をして、プール遊びの準備です。前日残った水をバケツにすくったり雑巾で集めて絞ったり~。これが案外楽しいのです。

 そして今夏の圧巻は、砂場の泥遊び!!最初こわごわ入っていた子も、あっという間に泥んこになって、パンツもシャツも見事な泥染めの色合いになります。こんなに思い切り遊べるって、なんてステキで幸せなことでしょう。お母さん、お父さん、毎日のお洗濯、大変ですがよろしくお願いいたします。


 先日、麦っ子に2才の坊やと遊びに来てくれたズッキーちゃんのブログをご紹介します。ズッキーはさすが!以前麦っ子でバイトをしていただけあって、麦っ子の本質を的確に捉えてくれました。



 麦っ子では、叱る、ということがすっごく自然。悪いこと、してほしくないこと、触ってほしくないもの、きちんと愛で叱ります。大人と子どもの真剣勝負。対等な人と人との関係。その熱量に、私も息子も揺さぶられに揺さぶられて、2人してビービー泣きながら、それでもここで得るものは大きいと本能がわかるから、なにも見逃すまいと―


みこべの旦那さんは(のんちゃん)は鍼灸師さんでもあるから、麦っ子の子ども達はOリングでみてもらえる(羨ましい!)さらに健康のことから子育てのこと、生き方のこと、スペシャリストです。私にとっても父親のような存在。今回もたくさん叱られました。愛を持って。



ズッキーは、「麦っ子の子ども達が、毎日真剣に周りとの関係を感じながら問題があれば自分たちで話し合って解決している。オトナは見守り、行き過ぎたときはきちんと叱る」と受け止めてくれました。中途半端に叱らないことも、子ど達の目が違うことも、小さい子の面倒を見ていることも、そのまんま真っ直ぐに見て、「役割があるってすごく子どもを大きくする」と。ああ、なんて素敵なお母さんになったんだろう…!本当にありがたく嬉しく思いました。


  子どもの先回りをすること、後始末を親がすることがいちばんよくない。

  親が協力して、世の中のために働く背中を見せること。人として接すること。

102回の閲覧

最新記事

すべて表示

「もういいよ」

10月1日は中秋の名月でしたね。晴れて澄んだ夜空に煌々と輝いているミカン色のお月様を見上げながら、あの美しい月を見ているあの人、この人の顔を思い浮かべました。太陽が西の空に沈むころ東の空からまぁるいお月様が昇ります。そしてこの日は太陽も月も同じ軌跡をたどるのだそうです。だから中秋と言うのでしょうか。満月は翌日でしたから今年はきれいなお月様を2回も楽しめました。みこべは長野県の生まれなので、中秋の名

ウイルスにおびえない生き方

〜新型コロナのこの時期に、むぎっこという場においてみんなと一緒に自分を見つけること〜 のんちゃん 今自然を守る、命を守る、子供を守ると言う言葉が氾濫しています。我々がさも守るかのように見えるものは我々が我々が自ら壊してきたものではないでしょうか? どうしていいのかわからないようなこの状況の中ですべてをリセットして子供と向き合う中にこれからの方向性が見えてくるものと思われます。 今少しずつむぎっこも

神奈川県座間市南栗原1-4-3
麦っ子畑保育園
046-255-7087
2018.05
  • 麦っ子畑保育園