• みこべ

<桜の舞い散る季節ですが……>

 卒園式を前に新型コロナウイルス感染の情報が駆け巡って、身辺がザワザワしていましたが、唐突な全国一斉休校の発表―。それも専門家会議を通さずに出た通達でした。子ども達は家に閉じこもるか、学童クラブでそれなりの対策をして引き受けるように―だそうで、全国が混乱状態になりました。保育園も開設して保育をするということで、まったく何を考えているのか訳が分からない…というのが正直な気持ちでした。中国での感染が発表された時点で、春節前の大型連休で日本を訪れる相当数の人達を見れば、いづれ日本にも感染が広まるだろうことはシロウトにも予想できたことです。その時にしっかり手を打っていればコトここに至っていなかったはず。医療崩壊に至らないように手を打つとか、やるべきことはいくらでもあったと思うのです。オリンピック開催に気を遣っていたのかもしれませんが、「国民の命を守る」と今さら言われてもねぇ。。。おまけに布マスク2枚が全世帯に郵送されるという、なんとも情けない話で、布マスクなら手作りで出来ますから、こんなことに税金を何億も使わないてほしい。ため息をつくのももったいない!と思ってしまいます。国民から委託された国会議員の審議を経ないで、簡単に通達を出さないでほしい。

異常事態宣言を出す前に、やるべきことがあったと思っています。

 でも、休校になったおかげで、麦っ子は早朝から学童のお兄さん、お姉さんが小さい麦っ子の相手をしてくれて、何だかすごくいい感じの毎日を過ごしてきました。元々真冬でも窓全開で保育していましたから、子ども達は戸外でも元気いっぱいに遊んだりお散歩に出かけたりしていました。その日常の風景をそのまま卒園式で再現しようと計画して、卒園生を囲んで在園児と学童の温かい時間を持つことができました。残念ながら保護者の皆さまは卒園生のみとなってしまいましたが、たくさんの温かいメッセージがドアいっぱいに貼られ、お花もたくさん届いて、本当に幸せな卒園式になりました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

4月以降もどうなるか分かりませんが、麦っ子は麦っ子らしく、元気に楽しく過ごしていこうと思います。               (2020.4.5)

~在園生保護者からのメッセジ~

      太陽ぐみのみんな  卒園おめでとう

         麦っ子のこと   忘れないでね

        いつでも待ってるよ!!

38回の閲覧

最新記事

すべて表示

「もういいよ」

10月1日は中秋の名月でしたね。晴れて澄んだ夜空に煌々と輝いているミカン色のお月様を見上げながら、あの美しい月を見ているあの人、この人の顔を思い浮かべました。太陽が西の空に沈むころ東の空からまぁるいお月様が昇ります。そしてこの日は太陽も月も同じ軌跡をたどるのだそうです。だから中秋と言うのでしょうか。満月は翌日でしたから今年はきれいなお月様を2回も楽しめました。みこべは長野県の生まれなので、中秋の名

ウイルスにおびえない生き方

〜新型コロナのこの時期に、むぎっこという場においてみんなと一緒に自分を見つけること〜 のんちゃん 今自然を守る、命を守る、子供を守ると言う言葉が氾濫しています。我々がさも守るかのように見えるものは我々が我々が自ら壊してきたものではないでしょうか? どうしていいのかわからないようなこの状況の中ですべてをリセットして子供と向き合う中にこれからの方向性が見えてくるものと思われます。 今少しずつむぎっこも

神奈川県座間市南栗原1-4-3
麦っ子畑保育園
046-255-7087
2018.05
  • 麦っ子畑保育園