• みこべ

<若葉の美しい季節になりました>

 新しい年度が始まって、新一年生達が真新しいランドセルをしょって「ただいま~!」と元気に学童に帰ってきます。給食も始まり、いよいよ学校生活が本格的にスタート。一年生が学童まで帰ってくるのをみんなでお迎えに行く、お迎え散歩もそろそろ終わります。コロナ禍で緊急事態宣言が東京や大阪に発令されて、何かと窮屈なことも多いと思いますが、元気に楽しく過ごしてほしいと願っています。麦っ子でたくさん遊んだり、お友だちと濃密な時間を過ごしたことは、これから迎えるかもしれない様々なことにぶつかった時、きっとみんなを助けてくれるはずなので、みこべは心配していません。でも、どうしても悲しかったり苦しいときは、いつでも麦っ子に帰ってきていいんだよ(^^)


 そして、麦っ子にも新しい子どもたちが10人も加わって、毎朝大きな声で泣いたりお母さんを追いかけたり、それを迎えに行くデカがいたり~。賑やかな毎日です。毎年くり返される光景が、なんだかありがたくて、ちょっとこみ上げるものがあるのは、みこべがおばあちゃんになってきたのかも…。いやいや、まだまだそんなことを言ってられないよね!頑張っていかなくちゃー!!

そんな中、今日は進級お祝いパーティーが開かれました。星ぐみちゃんの可愛い足型のお花の旗や、空の葉っぱの怪獣お面こいのぼりや、雲の輪つなぎが飾られた舞台で、オープニングは空、風の歌で「つくつくつっくんもうはるだよ♪」。

ちょっと音程が??だったけどご愛敬~♪ 美味しいお水で「かんぱい!!」をして、いよいよメインのナン&パンとカレーの登場です~♡もうすっかり定着した「糀ちゃん」で虹・太陽はナンやパン作りをして、カレーも作りました。

「ナン焼いて楽しかった」「パンをこねるのが楽しかった」「カレーのキノコをちぎるのがおもしろかった」のだそうですが、ちょっと辛めのカレーにナンやパンをのっけていただきました。もう、素晴らしく美味しかったです!!いつもだと星ぐみちゃんから始まるお昼タイムですが、今日は時間を早めにして、全員そろってのお食事で、「あ~、こういうのもいいねぇ」としみじみ思ったのでした。午後からのおやつタイムには、雲ぐみのレーズンおっぱいクッキーやおせんべいが登場し、その後は学童が用意してくれたカボチャスープをいただきに、学童のデッキにぞろぞろ~。高知のコンニャクを送って下さる今久保山さんから、去年届いたタマネギの苗から収穫した新タマネギや、学童の手前みそが味付けに入っていたとのことで、こちらもめちゃめちゃ美味しかったです~!学童のみなさん、ありがとうね!!お腹いっぱいになった幸せな一日でした。

小さい新人ちゃんが大泣きしたりする賑やかな朝ですが、あと少ししたらそれぞれに落ち着いていくことでしょう。

  去年から作り始めた園庭の小川は、少しずつ形を変えながらすっかり子どもたちの中に定着しています。この間ビオトープのクレソンが移植された小さな池に、ヤゴやホタルの幼虫がいるのを発見して大興奮!!もしかしたら麦っ子でホタルが飛び交うようになるかもしれません。そうなったらどんなにか素敵でしょう~。同じ頃、ビオトープのマコモの茎になにやら見たことのない虫がいるのを見つけた雲組の男の子達が大騒ぎ。昆虫図鑑を持って来てあちこち調べたけどよく分からない…。そしたら卒園生で現役のお相撲さんの北勝大(ほくとひろ)から「ガガンボの仲間だと思います。羽の模様からしてキリウジガガンボに間違いないと思います」とのこと!みこべも小さいころガガンボ、ガガンボと言っていた記憶があるけど、あれがそうだったなんて、すっかり忘れていた…。

なんだか一気に、子どもの頃田んぼで遊んでいた風景が広がってきたのでした。

走り回ったり存分にボール遊びをするにはちょっと狭い園庭ですが、ビオトープがあって、小川に井戸水が流れていて、いろんな虫や鳥が行き来するこの場所が大好きです。座間の清涼な水が流れて、朝から水遊びを楽しんだり、虫を探したり、時にはカメくん達がのそのそ歩いていたりする園庭……。クレマチスやプルーン、ヤマボウシのお花が咲いて、アンズ、モモの実がつき始めて柔らかい緑の葉が木陰を作っている。その下で赤ちゃんがみんなの声を聞いて穏やかな顔で手足を動かしている。周りでミミズをつまんでいる子がいたり、虫を発見して大声で何か言いながら頭をくっつけている子達など…。本当に幸せな朝の時間です。


 そんな子達のそばでついこの間までいたアンが旅立ってから、そろそろ2カ月を迎えようとしています。麦っ子で13年間、しっかり番犬をしてくれました。ベルジアン・タービュレンという犬種で、顔が黒っぽくて大型犬に近いので怖がる子もいましたが、晩年は穏やかな顔で子ども達が遊ぶのを守っていました。たくさん可愛がってもらってアンは幸せだったと思います。みんな、ありがとうね。

みこべを心配してアンとルジアの絵や紙芝居やお手紙を描いてくれてありがとう。16才6ヶ月になるお姉ちゃんのルジアはすっかりおばあちゃんですが、ヨロヨロ歩いて転んだりしてると「み~こべー、ルジアが転んじゃったよ!」と

教えに来てくれたり一生懸命起こそうとし

たりしてもらっています。もうしばらく

よろしくね。 (2021.54.27)

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日の熱海での土石流に続いて、西日本や九州では豪雨による被害が心配されています。ここ何年か、雨の降り方が尋常ではないことが多く、そのたびにあちこちで災害が発生して尊い命が失われることが多くなっています。地球温暖化のせいなのか、開発につぐ開発で深刻な被害が襲いかかっているのか…。無計画な森林の伐採や大規模な山火事、海水温の上昇などで、動物の異常死が急増して、28000種もの動物が絶滅の危機に瀕してい

麦っ子畑保育園は春が来ると開設43年目を迎えます。3年前に認可保育園になりましたが、保育の基本的なスタイルは変わりません。0歳児~就学までの子ども達がゴチャゴチャと一緒に過ごす毎日―。クラス分けはしていますが、みんなで関わる保育を大切にしています。午後になると学童クラブの子ども達が「ただいまー」と帰って来て、大きな家族のように夕方暗くなっても、大きい子が小さい子の面倒をみながら遊んでいます。一年中

毎年この時期になると、大きな宿題のように書いている 卒園文集ですが、今年はやっぱりひめちゃんのことを-。 ひめちゃんが元気だった頃、何度も「ひめちゃん、 献立表のコメントとお勧めのレシピをまとめて本にしよう よ」としつこく迫っていたのだけど、「え~、そんな…、とんでもないよ」とやんわり逃げられてた…。ひめちゃんのコメントには、その時々の子ども達のことや季節のことなどが、お台所の熱い思いと共にやさし